健康のために間食は手作りスムージーで代用

グリーンスムージー
健康のために、間食に手作りスムージーを飲んでいます。それまでは普通にお菓子を食べていました。チョコや塩気の強いおせんべいなどは、家事がひと段落して小腹が空いた時には絶品でした。

しかし、ついつい食べ過ぎてしまい自制が利かないため、なんとか健康に良い間食が無いものかと思っていました。そこで見つけたのが、スムージーです。お菓子の代わりにするには物足りないですが、フルーツを多めに入れることで香りや味に嗜好性が出て、なかなか美味しいです。

私の場合、先日遺伝子検査のマイコードっていうのを受けてみたら、太りやすい大使と結果が出たため、これはいけないと焦ったんですよね。

スムージーの作り方

こだわりの作り方などはありません。その日冷蔵庫に残っていた野菜やフルーツを適当にちぎって、水100CCを加えてミキサーにかけるだけです。バナナを1本入れると、甘い香りと味で、ぐっと美味しくなります。

その他にも小松菜やキャベツ、キウイフルーツやみかんなどなんでも良いのです。300~400CCあれば十分なので、材料もそんなに大量には必要ありません。日によって無糖のココアを入れたり、コラーゲン、青汁粉末、黄な粉などを加えて、栄養価をアップさせています。

脂分や塩味はありませんが、それは夕飯で楽しむとして、小腹を満たすにはスムージー1杯で十分です。スムージーはビタミンCや食物繊維を多く含むので、健康だけでなくお肌にも良さそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です